FC2ブログ

ジェンツー・ペンギンの冒険の跡地

ジェンツー・ペンギンの日常を紹介していたブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒部峡谷

先日行ってきた、黒部峡谷の写真。
DSC_0484+.jpg
◆2007/8/11 黒部峡谷鉄道 Nikon D40
黒部峡谷に行くには、この黒部峡谷鉄道のトロッコ列車に乗って行くことになる。(付近には道路は通じてなく、この鉄道しか行く手段は無い。)
写っている人の大きさと比べていただければ分かると思うが、普通の鉄道に比べて車両のサイズがかなり小さい。
黒部峡谷鉄道は、所謂、軽便鉄道(マニアックに言うとナローゲージ)で、線路幅が新幹線の半分ほどしかない。
元々は黒部ダムへの資材の運搬用に敷設された鉄道である。

DSC_0509+.jpg
◆2007/8/11 黒部峡谷鉄道 Nikon D40
黒部峡谷鉄道は、宇奈月温泉から、終点の欅平までを約80分で結んでいる。
このようなトロッコ列車に80分も乗るのは退屈かと危惧していたが、剥き出しの車内からは奥深い谷底や、素掘りのトンネルなどが間近に見ることができ、退屈はしなかった。

DSC_0496+.jpg
◆2007/8/11 奥鐘山と奥鐘橋 Nikon D40
終点、欅平から数分歩いたところにある、河原展望台からの眺め。
ちなみに流れている川は黒部川。

DSC_0520+.jpg
◆2007/8/11 新山彦橋 Nikon D40
宇奈月温泉駅を出てすぐの新山彦橋を渡るトロッコ列車。
ちなみに山彦橋の名前の由来は、列車が鉄橋を渡る音が温泉街に山彦として響くからだそう。
  1. 2007/08/17(金) 20:26:38|
  2. その他の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高山の古い町並み | ホーム | 新穂高ロープウェイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gentoopenguin.blog84.fc2.com/tb.php/96-4a783310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジェンツー・ペンギン
ペンギンとカレーとビールとドライブをこよなく愛する、徳島県在住の40男。
趣味はデジカメを買い換える事。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。