FC2ブログ

ジェンツー・ペンギンの冒険の跡地

ジェンツー・ペンギンの日常を紹介していたブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビアパブの風景

130309-1.jpg
◆2013/01/12 OLYMPUS STYLUS XZ-2

大阪は肥後橋にある、お気に入りのビアパブ「Qbrik」です。

ビールが好きというと、どうしても、キンキンに冷えた生ビールをジョッキで...というイメージがあるかと思います。
しかし、ジェンツーが好きなのは、上記のステレオタイプな物ではなく、主に海外で作られている様々なスタイルのビール。
あんまり知られていないのですが、ビールには約100もの種類(ビールの造り方で決まり、スタイルっていいます。)があり、その、それぞれに様々な味わいがあります。
なお、日本の大手メーカーが作っているのは、「ピルスナー」というスタイルのみで(キリンラガーも、スードラも、プレミアムモルツも、エビスも全部ピルスナーです。)他のスタイルを飲もうとすると、海外産か、地ビールになります。

そんな、様々なスタイルのビールを樽生で...という事になりますと、現状は、どうしても関西方面に出向く必要があります。
大阪でも、このようなビールを扱っている店は、あまり無く、ジェンツーが知っている所で10箇所程度です。
(東京には、もっとたくさんあるらしい。。。)

下の写真を見ていただくと、黒板に「ベルジャンホワイト」、「リアルエール」、「ゴールデンエール」、「ブラウンエール」などの文字が見えますが、これがビールの"スタイル"ってヤツです。
で、「明石ブルワリー」、「シャトーカミヤ」、「ロコビア」とかが、そのビールを造っている醸造所(ブルワリー)名ね。

ある程度飲むと、スタイル名を見ると、大体、どのようなビールかが分かります。
私的には、ワインとか、日本酒よりももっと分かり易い世界な気がします。作る素材が味わいの個性になる焼酎に近いかな。まぁ、ワインもぶどうの種類とかあるけど、それよりも醸造所や、作成年の個性の方が強く、私には分かりません。

この記事で、ちょっと興味を持ったなら、「よなよなエール」を試してみて。
「よなよなエール」は日本の軽井沢の地ビールです。(最近は地ビールと呼ばず、クラフトビールと言うらしい。)
ちょっと大きめのお酒屋さんなら、まず置いています。(徳島なら、アワリカー、リカオー、どちらもありますね。)
見た目は、鈍い金色の350ml缶。
こいつを1缶買ってきて、ややぬるめの温度で(13℃)、コップに注いで、飲んでみて!


  1. 2013/03/09(土) 22:03:26|
  2. その他の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビアパブの風景#2 | ホーム | 夕焼け・反射>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gentoopenguin.blog84.fc2.com/tb.php/939-cc73e49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジェンツー・ペンギン
ペンギンとカレーとビールとドライブをこよなく愛する、徳島県在住の40男。
趣味はデジカメを買い換える事。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。