FC2ブログ

ジェンツー・ペンギンの冒険の跡地

ジェンツー・ペンギンの日常を紹介していたブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上高地へ行ってきました。

前回の続き、上高地編。

DSC_0215+.jpg

上高地入り口の釜トンネル。
上高地一帯は自然保護のため、マイカーの通行が制限されている。
シーズン中でも、このトンネル以降はバスorタクシーとなるが、オフシーズンの今はバスもタクシーも通行止め。(工事用のダンプは侵入していた。)
長さは約1.5km。入り口の看板を見ても分かるように内部は上り坂になっている。
最初、薄暗いトンネルを1.5kmも歩くのはかなり抵抗があったが(以前の釜トンネルは一方通行で薄暗く不気味な印象がある)中に入ると明かりもついており、案外まともだった。それでも、一部、灯火が故障している場所があり、真っ暗闇をすり足で進むような場所もあった。

DSC_0141+.jpg

トンネル出口から1kmほど進むと大正池。湖面(池面か?)の一部が氷結している。
辺りは物音一つせず、くしゃみをすると周辺の山に反響して響き渡った。

DSC_0156+.jpg

大正池の岸辺まで降りてみる。
池の中には立ち枯れた木があり独特な雰囲気。霧が湖面を流れているのが肉眼でもはっきり見えた。

DSC_0161+.jpg

散策路。池の周辺の湿原は、このような木道になっている。
足元の雪は踏み固められていて、意外と歩きやすい。

DSC_0186+.jpg

散策路は林の間を抜けて続く。
前方に写っているのは、途中で出会った叔父さん達。
今回の上高地行で途中であった人は、総勢7名程度。普段の上高地からは想像できない人数である。(シーズン中は、徳島駅前とはいかなくても、新町商店街程度の人ごみ)
出会った人たちは、例外無くリュックを背負い、頭から足元まで"登山ルック"で決めていた。一方こちらは、ニット帽こそ被っているものの、コートにジーンズの普段着。荷物はカメラ一つといった状態。さぞ場違いに映った事だと思う。

DSC_0172++.jpg

大正池から1km程すすむと、いきなり開けた場所に出る。
雪の無い季節は、この広場は湿原だったりする。

DSC_0173++.jpg

大正池の辺りでは雲に隠れていた前方の山々だったが、だんだんと晴れてきた。

DSC_0178+.jpg

湿原の横には田代池という池がある。
ここの写真は以前も撮影した事があるが、残念ながら前回の方が写りが良い。

DSC_0195+.jpg

田代池より梓川の流れに沿って、1Km程度進むと河童橋。
写真は河童橋より下流の眺め。前方の山は焼岳。山の上の煙は、当初、雲か地吹雪と思っていたのだが、どうやら噴煙らしい。

DSC_0199+.jpg

河童橋より上流の眺め。前方の山々は穂高連峰。
  1. 2007/03/23(金) 23:58:36|
  2. その他の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<起承転結 | ホーム | 富士山に行ってきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gentoopenguin.blog84.fc2.com/tb.php/49-4d4057a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジェンツー・ペンギン
ペンギンとカレーとビールとドライブをこよなく愛する、徳島県在住の40男。
趣味はデジカメを買い換える事。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。