FC2ブログ

ジェンツー・ペンギンの冒険の跡地

ジェンツー・ペンギンの日常を紹介していたブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷瀬の吊り橋

P1000252+.jpg


◆2004/5/3 谷瀬の吊り橋 Panasonic LUMIX DMC-FZ10

奈良県の山中にある、日本最長の鉄線の吊り橋。
私は、ここで心に傷を負いました。(笑)
この時はGW中とあり、かなりの人数がこの吊り橋にも押しかけていて、通行制限がなされていた。
橋のたもとでは、この吊り橋を渡ろうとする人たちが長蛇の列を作っていた。
さすがに無制限に渡らせるのは危険なのか、進行方向は一方通行(対岸からはシャトルバスで戻る)、20人くらいの組にされて、先行した組がある程度進んでから、次の組が渡り始めるという感じだった。

渡り始めた最初の印象は「なんだ、大したことないじゃん」。
しかし、ケーブルとかでしっかり固定されている、橋の両端部とは異なり、中央部は悪夢のように揺れるのである。
しかも、その揺れ方が、大勢で渡っているせいなのか非常に不規則。
その上、揺れを恐れて歩みを遅くしようものなら、「そこ、早く進んでください」とメガホンで容赦なく"個人攻撃"される。

なんで金払ってまで、こんなキツイ思いをしなければならない?という疑問符が頭をよぎる。
いやー、もう二度とゴメンだ。

この吊り橋での経験以降、高い場所が非常に苦手になった。
やれやれである。
  1. 2007/02/18(日) 19:44:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<ジェンツーの棚田天国・狭路地獄 | ホーム | 第三只見川橋梁>>

コメント

橋シリーズ?

 鉄橋も含め、橋の写真が多いですねー。撮影テーマのひとつなんでしょうか?
 何でもそうですが、被写体が最も美しく見える撮影ポイントを探すのって、けっこう難しいですよね。光の当たり具合もあるしね。まして橋みたいに大きいものだと、捜索(?)範囲が広くて大変なのでは?わたしはいつも徒歩で写真を撮るのですが、あっちへ行っては見上げ、こっちへ行っては振り返りと、かなりあやしい動きをしているかも?
  1. 2007/02/19(月) 11:15:53 |
  2. URL |
  3. mimi #szdbj1Dk
  4. [ 編集]

mimiさん、こんにちわ。
橋が多いのは、友人のブログでかずら橋が載っていたのを見て「橋シリーズやります」って宣言したからです。
そろそろネタ切れですが、最後に強烈なのが残ってます。(笑)

アングルですか。
私も結構苦労してます。その被写体の美しい部分をマクロ的に捉えるのも好きなのですが、私の場合、「旅行写真」的な要素も大きいので、どうしても全体像を捉える写真になってしまい、邪魔なものを画面から排除するのに四苦八苦してます。
  1. 2007/02/19(月) 20:25:49 |
  2. URL |
  3. ジェンツーペンギン #q24tdIhk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gentoopenguin.blog84.fc2.com/tb.php/39-ee6d06f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジェンツー・ペンギン
ペンギンとカレーとビールとドライブをこよなく愛する、徳島県在住の40男。
趣味はデジカメを買い換える事。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。