FC2ブログ

ジェンツー・ペンギンの冒険の跡地

ジェンツー・ペンギンの日常を紹介していたブログ。

小鳴門大橋

DSC_0121+.jpg


◆2006/2/5 小鳴門大橋 Nikon D50

たまには地元ネタで...
この橋は小鳴門大橋という。
付近には、大鳴門橋、小鳴門橋、小鳴門新橋とか似た名前の橋が多く、紛らわしい。
個人的には、この小鳴門大橋が一番気に入っている。
(小鳴門橋もレトロで面白い形状をしてるけど、横に別の橋が架かっていて、写真にするには難しそう。)
スポンサーサイト



  1. 2007/02/27(火) 20:56:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ジェンツーの棚田天国・狭路地獄

怪しいタイトルが付いていますが、それに関してはスルーの方向で...
まぁ、岡山に棚田を見に行って、凄い棚田があったけど、それに至るまでの道が狭くて車を擦っちゃったって事。
以上、オワリ、終了。

DSCF0505++.jpg


◆2007/2/25 大垪和西の棚田 FinePix S3Pro

「岡山を旅していて、凄い棚田を見つけてしまった、どうしよう。」
まぁ、アレですね。棚田ってヤツは水が入っているか、収穫しているかでもしないと、なかなか写真映えしないですね。
リトライ確定って事で。

しかし、辿り着くまでの道が超狭くて5kmぐらい対向できる場所が無いような道で、凄いプレッシャーを感じましたね。ずっと0.8車線ぐらいの道が続く。
「この私にプレッシャーを与えるとは、なんという道だ」なんちて。
多分、もっとマトモな行き方もあるんでしょいうけどね。
こういう時ナビ100%依存だと弱点が露呈しますね。


DSCF0526++.jpg


◆2007/2/25 吹屋の町並み FinePix S3Pro

続いて前々から気になっていた吹屋に行ってみた。
ここの町は江戸時代よりベンガラ(酸化鉄から作成される染料)で栄えた町らしく、町全体がピンク色(これがベンガラの色)に塗られている。(別に通常の3倍どうこうという訳ではない)
感想としては、うーん。思ったほど大したこと無いかな。規模は脇町の半分くらい。
「♪この町のメインストリート、わずか数百m~」って感じ。


DSCF0562++.jpg


◆2007/2/25 水島 FinePix S3Pro

最後は、岡山行の定番、鷲羽山に向かうのだが、その途中、鷲羽山スカイラインより水島コンビナートを狙ってみた。
狙ったのはスカイライン途中にある「水島展望台」から。
以前来たときは木が生い茂っていて、写真など撮れたものじゃなかったのだが、展望台自体が改装されていて、わりとまともなアングルで水島を狙う事が出来た。

しかし、この時期に長時間外気に露出していたせいか、体調が芳しくない。
そうである。花粉症なんである。
鼻水と眼のかゆみは薬で抑えているが、なんか倦怠感がある。
まぁ、ETCの深夜割引を適用するために、早朝3:30から出掛けたりしたせいかもしれないが...


  1. 2007/02/25(日) 20:25:52|
  2. 棚田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷瀬の吊り橋

P1000252+.jpg


◆2004/5/3 谷瀬の吊り橋 Panasonic LUMIX DMC-FZ10

奈良県の山中にある、日本最長の鉄線の吊り橋。
私は、ここで心に傷を負いました。(笑)
この時はGW中とあり、かなりの人数がこの吊り橋にも押しかけていて、通行制限がなされていた。
橋のたもとでは、この吊り橋を渡ろうとする人たちが長蛇の列を作っていた。
さすがに無制限に渡らせるのは危険なのか、進行方向は一方通行(対岸からはシャトルバスで戻る)、20人くらいの組にされて、先行した組がある程度進んでから、次の組が渡り始めるという感じだった。

渡り始めた最初の印象は「なんだ、大したことないじゃん」。
しかし、ケーブルとかでしっかり固定されている、橋の両端部とは異なり、中央部は悪夢のように揺れるのである。
しかも、その揺れ方が、大勢で渡っているせいなのか非常に不規則。
その上、揺れを恐れて歩みを遅くしようものなら、「そこ、早く進んでください」とメガホンで容赦なく"個人攻撃"される。

なんで金払ってまで、こんなキツイ思いをしなければならない?という疑問符が頭をよぎる。
いやー、もう二度とゴメンだ。

この吊り橋での経験以降、高い場所が非常に苦手になった。
やれやれである。
  1. 2007/02/18(日) 19:44:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

第三只見川橋梁

P1000074++.jpg


◆2004/2/14 第三只見川橋梁 Panasonic LUMIX DMC-FZ10

只見線の定番撮影地、第三只見川橋梁である。
場所は福島県、会津若松市より80kmぐらいの場所にある。
只見線と言えば、紅葉も有名だったりするのだが、あいにく、冬にしか訪れた事が無い。
見ての通り、相当山奥に入った場所である。
この写真は国道のスノーシェイドの間から撮影したのだが、周りは雪だらけ、通行する車も少なく、静寂に包まれていた。
  1. 2007/02/17(土) 23:24:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

明石海峡大橋

DSCF0485++.jpg


◆2007/2/12 明石海峡大橋 FinePix S3Pro

先週の淡路撮影行で立ち寄った明石海峡大橋。
淡路島側の道の駅「あわじ」より撮影。

例のニューカメラで写したのだが、このカメラって、夜の闇は青く写るのね。
本当は、もっとサイド気味に写したかったのだが(俯瞰気味だとなお良し)、なかなか良いポイントが見つからず、元々予定していた道の駅で撮影する事となった。

ちなみに余談だが、"明石大橋"というのは間違い。
この橋の名称は"明石海峡大橋"。
明石大橋という橋は、また別の場所にあるらしい。
(それでも、ついつい"明石大橋"と言っちゃうけど)


  1. 2007/02/15(木) 22:03:46|
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0
次のページ

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

プロフィール

Author:ジェンツー・ペンギン
ペンギンとカレーとビールとドライブをこよなく愛する、徳島県在住の40男。
趣味はデジカメを買い換える事。(笑)